無駄毛処理は毛根ごと除去するのが正解?レーザー脱毛の仕組みを把握しよう!

Posted on

脱毛による肌への悪影響とレーザー脱毛の利点

無駄毛を人為的に取り除く脱毛処理は肌に強い刺激をもたらします。薬剤や器具を使って無駄毛を引き抜くため、毛穴の周囲に痛みを伴う刺激が生じるのが普通です。脱毛の頻度や肌質によっては毛穴の炎症や出血などのトラブルが生じることがあります。また、短期間に何度も脱毛を繰り返すと肌が黒ずんだり角質化するなど、重大な肌トラブルに見舞われるリスクが増大します。そのため、処理の回数を大幅に減らせるレーザー脱毛が注目されています。

レーザー脱毛は無駄毛の毛根をレーザーで焼き潰す処理方法なので、新たに無駄毛が生えてこないのが大きな特徴です。焼き潰した毛根は再生しないので、一度処理を施した部位は無駄毛が生えない綺麗な状態を保てるようになります。また、毛質に関係無く適切な処理が出来るので、全身の無駄毛を綺麗に除去することが可能です。

安全なレーザー脱毛処理の受け方

レーザー脱毛は医療機器でレーザーを照射するので、美容クリニックなどの医療機関でのみ受けることが出来ます。医師がいないエステサロンなどの施設ではレーザー脱毛の名称は使えないので、無駄毛処理を検討する際は処理方法の名称を確認するのがトラブルを防ぐための心得です。また、レーザー脱毛はレーザーの照射量を調節することで毛質や肌質に合わせた処理が出来るのが特徴です。体への負担を大幅に軽減出来るので綺麗な仕上がりを期待出来ますが、日焼けやかさぶたなど色が濃い部位ではレーザーが拡散して脱毛効果が低くなってしまいます。そのため、肌のコンディションを良好に保つのが毛根を残さずに焼き潰す完璧な脱毛処理に繋がります。

医療レーザー脱毛は、厚生労働省より許可された医療行為です。安全かつ短時間で、ダメージを最小限に抑えます。そのため、肌を美しく保ちます。